健康保険や後期高齢者医療制度の資格喪失手続き

63 ビュー

健康保険に加入している配偶者や親族などの身内が亡くなったら、被保険者の資格が失われてしまいますので、それに伴い「資格喪失手続き」をして健康保険証を返却しなければいけません。

ここでは、資格喪失手続きの流れについて解説していきます。

亡くなった身内がどの保険に加入していたのかを確認

保険の種類
  • 健康保険
  • 国民健康保険
  • 後期高齢者医療制度

故人が会社員であれば会社の健康保険に加入しています。会社勤めではない場合(定年退職や自営業など)で、尚且つ75歳未満であれば国民健康保険、75歳以上であれば後期高齢者医療制度に加入していたはずです。

それぞれで資格喪失手続きの手順が異なりますので、まずはどの健康保険に加入していたのかを確認して下さい。

資格喪失手続きの手順

健康保険(会社員)

提出期限 亡くなってから5日以内
提出先 年金事務所
返却物 健康保険証
必要なもの 健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届

故人が会社員の場合は、基本的に勤務先が手続きを代行するので、会社に健康保険証を返却すれば後は代行してもらえます。

ご自身で手続きして下さいと言われた場合は、各都道府県の「協会けんぽ」や会社が加入している「健康保険組合」に直接返却します。

健康保険証に保険者の名称や住所が記載されていますので、分からない場合は確認して下さい。

会社員の場合は、健康保険の資格喪失手続きの他にも、死亡退職届の提出や未払い給料の請求など行う必要があるので、どういった手続きが必要なのか会社側と話し合ってください。

国民健康保険

提出期限 亡くなってから14日以内
提出先 故人の住んでいた市区町村役場
返却物 国民健康保険被保険者証
必要なもの ・国民健康保険資格喪失届
・死亡を証明するもの(戸籍謄本など)
・世帯主の認印
・本人確認(運転免許証など)

国民健康保険の場合は、ご自身で手続きする必要があります。

国民健康保険資格喪失届は役場の窓口に置いていますので、それ以外の必要書類などを用意して下さい。

亡くなってから14日以内に手続きをしなければいけませんので、葬儀が終わって落ち着いたらすぐにでも手続きを進めて下さい。

後期高齢者医療制度

提出期限 亡くなってから14日以内
提出先 年金事務所
提出先 故人の住んでいた市区町村役場
必要なもの 後期高齢者被保険者証
必要なもの ・後期高齢者医療資格喪失届
・死亡を証明するもの(戸籍謄本など)
・世帯主の認印
・本人確認(運転免許証など)
・限度額適用・標準負担額減額認定証
・特定疾病療養受療証

高額療養費がある場合は「相続人の印鑑」と「預金通帳」が必要になります。

故人が世帯主の場合

故人が国民健康保険の加入者で世帯主の場合、家族もその国民健康保険に加入しているのであれば世帯主を書き換えた健康保険証を発行してもらう必要があります。

世帯主が亡くなって世帯主の変更手続きが必要なケースと必要書類

2018.04.12

故人の扶養に入っていた場合

配偶者などで故人の健康保険(会社員)の扶養に入っていた場合は、亡くなった翌日から資格を喪失するので、故人の保険証と一緒に返却する必要があります。

このままで無保険になってしまいますので、国民健康保険や家族で会社員の方がいればその方の被扶養者になる手続きが必要になります。(厳密には無保険であれば強制的に国民健康保険に加入する)

管理人
年金に加入していた場合も、厚生年金保険の資格が喪失するので、国民年金に加入するなどの手続きが必要です。