死亡通知のハガキはいつ出すの?家族葬の場合はどうするのか

390 ビュー

事件などでニュースで放送されたら亡くなったことを知ることができますが、通常は誰かが伝えなければ亡くなったことを知ることってできませんよね?

故人の知人や会社の上司や同僚、取引先の関係者などに亡くなったことを知らせるのと同時に葬儀の案内を書いたはがきである「死亡通知」を送付します。

死亡通知に書く内容

死亡通知には、

  • 誰が亡くなったのか
  • 亡くなった日時
  • 亡くなった理由
  • 葬儀スタイル(仏式・キリストなど)
  • 葬儀や告別式の日時
  • 葬儀の場所

これらの内容を記載します。

書き方の例

父○○儀 かねて病気療養中のところ ○月○日午前○時○分 肺癌のため○歳にて永眠いたしました
ここに生前のご厚誼に深謝いたしますとともに 謹んでご通知申し上げます
追って葬儀及び告別式につきましては 仏式にて左記の通り執り行います

日時  ○月○日  葬 儀 午後○時~○時
告別式 午後○時~○時
場所  ○○○セレモニー会館
○○県○○市○○ ○-○-○
(JR○○線○○駅下車徒歩○分)

なお 誠に勝手ながら ご供物等の儀は故人の遺志によりご辞退申し上げます

平成○年○月○日

喪主 ○○○○

外  親戚一同

 

母○○儀 去る○月○日 ○歳の天寿を全うし永眠いたしました
ここに生前のご厚情に深く感謝申し上げますとともに 謹んでご通知申し上げます
なお 葬儀ならびに告別式は 仏式により自宅において左記の通り執り行います

一. 葬 儀  ○月○日(○) 午後○時~○時
一. 告別式  ○月○日(○) 午後○時~○時
一. 場 所  ○○県○○市○○ ○-○-○(自宅)

平成○年○月○日

喪主 ○○○○

外  親戚一同

死亡通知のハガキを出すタイミング

葬儀の日程が決まり、一般葬や家族葬など、葬儀のスタイルが決まった段階で出す方がベターです。

もちろん、亡くなってすぐに出す方がいいですが、葬儀の段取りが決まっていない段階で出しても、結局、詳細を電話などで伝える必要が出てくるので、葬儀の内容が決定してから死亡通知を送りましょう。

遠方の方への配慮

遠方や離島などの場合、ハガキを出してから届くのに日数がかかってしまい、下手をすれば届くころには葬儀が終わっている・・・なんてこともあり得るので、そういった場合は先に電話や電報などで取り急ぎ連絡しておきましょう。

死亡通知は誰に出すのか

一般葬の場合、故人と親交のあった方など葬儀に参列してもらいたい方に送付します。

家族葬の場合はどうするのか

家族葬の場合は、身内などごく親しい方に向けて送付して下さい。

また、参列しない方に対しても「亡くなったことを伝えると同時に、故人の生前からの希望で身内のみで葬儀を行いたいとの思いを重んじたいため、葬儀への参列は辞退していただいております」と一言書いておきましょう。

家族葬だからいって訃報を知らせない方もいますが、亡くなったことを知らされないというのはあまり気分が良いことではなく、場合によってはトラブルを招きかねないので、訃報は知らせておきましょう。

また、訃報で葬儀への辞退の旨を伝えるだけではなく、香典や供花も辞退させていただくという一言を書いておくと、訃報を知らされた側も迷わずに済みます。

新聞に死亡広告を出す場合

一般的に死亡通知のハガキを出せば問題ありませんが、故人が著名人であったり会社の社長など社会的知名度が高い場合は、新聞に死亡広告を掲載して幅広い方々に亡くなったことを知らせることもあります。

新聞社への対応は、基本的に遺族が直接行いますが、葬儀社によっては新聞社への対応も併せて行ってもらえることもあるので、もし新聞に死亡広告を掲載したいと考えているのであれば、まずは葬儀を取り仕切っている葬儀社に問い合わせてみて下さい。

掲載料の目安

新聞社によって変わってくるとは思いますが、経営者がよく読む「日本経済新聞」を例にとってみると、

  • 朝刊全国版(1cm×1段):80,000円(税抜)
  • 朝刊東京本社版(1cm×1段):64,000円(税抜)

がベースとなっています。

通常、一番小さくても2段×2.2cmは幅を取るるので、全国版で35万円ほどはかかってきます。

地域を限定することで、例えば名古屋版でしたら4万円程度に抑えることも可能ですので、そこまで大きな出費にはならないと思います。

葬儀の相談・見積もり

葬儀レビは、全国約400社の葬儀社の中から安くて安心な葬儀社を一括見積もりできます。

生前に葬儀の相談をすることも可能です。