葬儀費用の相場は約200万円!?東京や愛知は高くて大阪は安い

182 ビュー

葬儀費用ってどれぐらいかかるのかって、実際に身内が亡くなって喪主やそれに近い立場を経験したことがある方しか分からないと思います。

身内が亡くなる前から葬儀費用のことを考える方も少ないでしょうが、葬儀費用の平均がどれぐらいなのか、どういったことに費用がかかるのかは事前に把握しておいた方が、もし身内が不慮に亡くなった場合に、お金の計算が立てやすいです。

いずれは身内の喪主を経験することがあるかもしれませんので、今は関係ないことでも覚えておいて損はありません。

2017年の葬儀費用の相場は約200万円

一般社団法人日本消費者協会「葬儀についてのアンケート調査(2017年)」によると、葬儀費用の全国平均は195.7万円になります。

地域別の葬儀費用(2017年)

  • 北海道:154万円
  • 東北:202万円
  • 関東(群馬・栃木・茨城・千葉):186万円
  • 関東(東京・神奈川):238万円
  • 中部(新潟・富山・石川・福井):227万円
  • 中部B(長野・山梨・静岡・愛知・岐阜):245万円
  • 近畿:189万円
  • 四国:156万円
  • 中国:163万円
  • 九州:166万円

地域別の葬儀費用で見てみると、関東(東京や神奈川)や東海(愛知)の都心部で突出して高くなっています。

その理由は都心部の方が、葬儀に参列する方が多い分、大きな会場を用意しなければいけなく必然的に葬儀費用が高くということもありますが、葬儀はお金をかけて盛大に故人を偲ぶという風習が根強く残っていることも理由としてあるかもしれませんね。

同じ都心部でも近畿(大阪)は全国平均を下回っていますが・・・

葬式にかかる費用

葬儀費用の内訳
  • 葬儀費用一式:121.4万円
  • 寺院費用:47.3万円
  • 飲食接待費用(通夜含む):30.6万円

葬儀費用一式

通夜・葬儀の進行、式場の使用料、祭壇や棺などの仏具、式場の運営にかかる人件費、納棺、供物・供花、会葬礼状、枕飾り、ドライアイス、遺影写真、火葬、寝台車や霊柩車など、葬儀社に対して支払う費用全般です。

葬式の内容や会葬者の人数などによって費用は異なります。

当たり前ですが、葬儀費用の中で最も比重が大きいです。

寺院費用

お経をあげてもらったり、戒名をつけてもらったりなどの「お布施」で、寺院に対して支払う費用です。

戒名とは亡くなった故人に付けられる名前のことで、その金額は寺院や戒名のランク(位号)によって大きく異なります。

飲食接待費用

通夜や告別式の際に出される料理(通夜ぶるまい、精進落とし、親族などへの飲食代)にかかる費用になります。

家族葬の普及もあって葬儀費用は年々下がっている

  • 2003年:236万円
  • 2007年:231万円
  • 2010年:199.9万円
  • 2014年:188.9万円
  • 2017年:195.7万円

2017年調査ではわずかに上がりましたが、それでも2003年に比べると約40万円も葬儀費用が抑えられています。

その理由としては、近年ではお金をかけずに葬儀を行うという考え方が定着してきており、特に都心部では身内を中心とした「家族葬」が定着してきているというのが大きな理由の一つです。

都心部では約半数が家族葬で行われているというデータもあります。(その割に都心部の葬儀費用が高いという矛盾がありますが・・・)

 

また、これまでは故人が亡くなった病院から紹介された葬儀社を何も考えずに契約して、葬儀費用も葬儀社から提示された金額をそのまま鵜呑みにして支払うというのが主流でしたが、近年では、格安葬儀を武器にしている葬儀会社が増えてきており、CMやメディアなどで見かける機会も多くなってきています。

少しでも葬儀費用を抑えた葬儀にしたいと考える遺族が増えてきているというのも葬儀費用が年々下がっている要因の一つとして挙げられますね。

亡くなる前に事前に相談する遺族も増えてきており、「葬儀レビ」などの一括資料請求サイトを利用して一番安く葬儀をすることができる葬儀社をすぐに見分けることができるようになっています。

管理人
ちなみに家族葬の相場は100万円弱です。葬儀全体の平均費用が200万円なのを考えると、一般葬に限ると200万円を軽く超えてきますよね。そう考えると家族葬の費用は突出して安いです。

お金をかければ良い葬式を挙げられるとは限らない

一昔前までは、葬儀はお金のことは考えずにとにかく盛大にすることが故人に対する礼儀という風習がありましたが、近年では逆に派手な葬儀が好まれ亡くなったり、形式的な葬儀(一般葬)に対して疑問を持つ方も増えてきています。

お金をかけたからといって良い葬式が挙げられるとは思わないという方が増えてきているので、葬儀にかける費用は減少傾向にあります。

個人的には今の200万円でも非常に高いと思っています。

エンディングノートにも葬儀は質素にして欲しいと書く方も増えてきているので、誰の為にお金をかけて壮大に葬儀をしているのかもはや分かりません・・・。

管理人
私がもし亡くなっても葬儀にお金をかけるのなら、その分をその後の生活費として使って欲しいですよ

葬儀を考えたときにまずは数社から見積もりを取ることが大事

ネットなどを活用して自分で葬儀社について調べてもらえれば分かりますが、葬儀社によって受けられるサービスや葬儀費用が大きく異なります。

不慮の事故などで突然亡くなった場合はどうすることも出来ませんが、病気などで亡くなることが頭をよぎっている状態であれば、まずは気になる葬儀会社を数社絞って見積もりを取ってみて下さい。

亡くなる前からそんなこと考えたくない!って思われるかもしれませんが、最近でも事前予約をしている方も増えてきているので、決して不謹慎なことではありません。

先ほども言いましたが、「葬儀レビ」などの一括資料請求サイトであれば、どこの葬儀社がどういったサービスでどれぐらいの葬儀費用がかかるのかをすぐに比較することができるので、自分たちがする葬儀のパターンだとどれぐらいの費用がかかるのかを調べてみて下さい。

葬儀の相談・見積もり

葬儀レビは、全国約400社の葬儀社の中から安くて安心な葬儀社を一括見積もりできます。

生前に葬儀の相談をすることも可能です。