葬儀はどこで依頼すればいいのか!葬儀社の種類と特徴

46 ビュー

身内が亡くなった後に葬儀社に葬儀を取り仕切ってもらうのが一般的ですが、葬儀社以外にも葬儀を実施している所はあります。

ここでは葬儀の依頼先について解説していきます。

葬儀の依頼先

大きく分けると

  • 葬儀社(葬儀専門業者)
  • 互助会
  • 農協(JA)
  • 生協
  • 寺・神社
  • キリスト教会
  • 自治体
  • ネット通販

8つのタイプに分けることができます。

葬儀社(葬儀専門業者)

葬儀を専門に行っている業者で、葬儀を行う上で最も依頼が多いです。

CMで見かける様な大きな葬儀社もあれば、地域に密着した小さな葬儀社もあり、それぞれでサービス内容や質が大きく異なります。

墓石や仏壇などの販売や墓地の運営など、葬儀が終わった後のケアもしている葬儀社も多く存在します。

開業時に許可を取得する必要がないこともあり、悪質な営業をしている葬儀社も存在するので、葬儀社選びは慎重に行う必要があります。

葬儀社の多くは全日本葬祭業協同組合連合会に加盟しています。

信頼できる葬儀社を選ぶときのポイント

2018.04.10

互助会

互助会とは、経済産業大臣より認可を受けて葬儀サービスを含めた冠婚葬祭サービスを提供している団体です。

互助会は会員制になっており、月々の積み立てを行うことで入会することができます。互助会の掛金は24万円で全てを払い込むことで互助会のサービスを受けることができます。

葬儀の場合は生前に積み立てることができるので、急に亡くなった場合の葬儀費用を抑えることができるメリットがあります。月々の掛け金も3,000円からなので経済的にも安心です。

ただ、中途解約をすると手数料がかかることがあるのと、飲食費や火葬料など、葬儀にかかる費用以外の費用については全額自己負担になることもあるので、詳しい内容は「一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会のホームページ」で確認して下さい。

母が互助会に入っていたので葬儀社の取り決めは楽でした【葬儀体験談】

2018.04.05

 

農協(JA)

農協(JA)の組合に所属していれば組合を通して葬儀を行うことができます。

農協は地域に密着しているので、地域特有のルールやしきたりに沿った葬儀を行うことができるのが大きなメリットです。

ただ、地域によっては葬儀社の斡旋しかしていない場合もあるので、もし農協で葬儀を取り行うことを考えられているのであれば、まずは近くの農協で確認してみて下さい。

生協

生協も農協と同じで組合に所属していれば組合を通して葬儀を行うことができます。

葬儀社であれば、安く見せるためにややこしい料金形態で誘導してくる場合もありますが、生協の料金形態は非常にシンプルで分かりやすいです。比較的安価で対応してくれることも多いので、組合員の方は一般の葬儀社を利用する前に、まずは生協に問い合わせてみて下さい。

漁協に関しても同じことが言えます。

寺・神社

特定のお寺の檀家となっている場合は、そちらのお寺で葬儀を行うことも可能です。

神社の場合は、神社の中に「死」を持ち込むことは厳禁とされているので、神社ではなく葬儀場や自宅など神社ではない場所で行われます。

キリスト教会

亡くなった故人がキリスト教の信者であれば、葬儀は教会で行われるのが一般的です。

キリスト教には大きく分けて、プロテスタントとカトリックがありますが、双方で葬儀の内容が異なる点もあります。葬儀の準備や取り仕切りは教会の関係者が行います。

自治体

各市区町村の町内会や自治体などで葬儀を行います。

葬儀社の様な壮大な葬儀を行うことは難しいですが、近所の住民同士で手伝ってもらいながら葬儀を行うことで葬儀費用を抑えることができるし、何より人の温かみを感じながら葬儀を行うことができます。

ネット通販

インターネットを使って葬儀を依頼することもできます。

と言っても、ネット通販を展開している企業が直接葬儀を行う訳ではなく、葬儀社の仲介しているだけなので、そこから提携している葬儀社をいくつかピックアップしてもらい条件にあった葬儀社を紹介してもらうことになります。

直接、葬儀社に問い合わせするのに比べて、一度の様々な葬儀社の情報を得ることができるので、葬儀社を比較した場合に有効です。

利用料も一切かかりませんので、生前に葬儀社をどこにしようか迷われているのであれば利用してみて下さい。

どこに葬儀を依頼しているのか

アンケート結果
  • 葬儀社:66.5%
  • 互助会:15.4%
  • 農協・生協・漁協:7.8%
  • 寺・神社・教会:2.6%
  • ネットの仲介業者:0.7%
  • 市町村:0.5%
  • 町内会:0.2%

財団法人日本消費者協会「葬儀についてのアンケート結果(2017年)」の結果を元に作成

アンケート結果を見ると、3人中2人が葬儀社(葬儀専門業者)に依頼をしています。

互助会に入会している方は互助会に依頼するので、互助会に入会していない方で仏式や無宗教式で葬儀をする場合であれば、実質的に8割以上の方が葬儀社になりますね。