葬儀の事前相談で確認して決めておく項目

47 ビュー

葬儀の事前相談をするのって不謹慎なイメージがあるかもしれませんが、「エンディングデータバンク」の調査によると、葬儀を行う方の8割が葬儀社などに事前相談しているというデータがあるので、事前に相談するという行為は今のご時世で決して不謹慎なことではありません。

と言っても、特に若い方は葬儀の相談なんて何度も経験することではありませんので、事前相談をしようを思っても何を相談したら良いのか分かりませんよね。

ここでは、葬儀の事前相談で確認しておく項目について簡単に解説していきます。

葬儀の事前相談で確認しておく項目

  • 葬儀の場所をどこにするのか
  • 葬儀の形式をどうするのか
  • 参列者の数

葬儀の場所をどこにするのか

故人が住んでいた家の近くでするのか、喪主の家の近くでするのか、親戚が集まりやすい故郷でするのか、どこで葬儀をあげればスムーズにいくのかを確認して下さい。

また、どんな場所で葬儀を行うのかも非常に重要です。

大きな斎場であれば、豪華な葬儀をとり行うことができる反面で費用がかかります。一方、地域の小さな斎場や火葬場に隣接している斎場であれば費用は抑えることができますが、参列者を多く呼べなかったりこじんまりした葬儀になってしまうので、故人に対して思うこともあるでしょう。

管理人
今では、家族葬と言って身内のみで葬儀を行うスタイルの葬儀が主流になりつつあるので、必ずしも豪華な葬儀にすることが故人や残された遺族にとって幸せなことだとは限りませんがね。

葬儀の形式をどうするのか

無難に一般葬にするのか、費用をかけずに身内のみで行いたいから家族葬にするのか、故人の想いをくみ取って直葬にするのか、など葬儀の形式をどうするのかを確認しておく必要があります。

また、仏式か、神式か、キリスト教か、それとも無宗教なので自由にするのか、など宗教スタイルについても考えます。

葬儀の形式をどのようにするのかで費用が大きく異なってくるので、見積もり時である程度の葬儀費用を算出してもらうのであれば、最低でも葬儀の形式は決めておいてください。

参列者の数

参列者の数によって料理やお礼などにかかる費用が異なってくるので、大まかで良いので参列者の数がどれぐらいになるのかを確認しておきましょう。

葬儀の費用をどれぐらいにするのか

葬儀の事前相談をする上で、皆さんが一番気にしているのが費用面だと思います。

事前相談の時点で、見積もりを取ってある程度の葬儀費用を知ることができますが、参列者が予想より増えたりイレギュラーなことが起きて見積もりした時より費用が大幅に増加してしまったということは普通にあることです。

ですので、事前相談する場合は、いくらかかるのかではなく、いくらまでに抑えたいということを伝えて下さい。

葬儀の見積もりで確認しておくこと

2018.04.10