家族葬とは?一般葬と比べて家族葬のメリット・デメリット

84 ビュー

近年よく耳にする「家族葬」と呼ばれる葬儀のスタイル。

ここでは、家族葬の葬儀スタイルや一般葬と比べてメリット・デメリットについて解説していきます。

家族葬とは

家族葬とは、その名の通り「家族などの身内のみで行われる葬儀」のことになります。

一般葬に比べると小さな規模で費用も抑えることができることから、今の時代に合った葬式スタイルと言えます。

家族葬と呼ばれているので、遺族しか参列できないと勘違いされている方もいますが、場合によっては故人の親しい友人や会社の関係者が参列することもあります。

と言っても、故人と生前に関係のあった方達に参列してもらい盛大な葬儀を行う一般葬とは異なり、あくまで少人数での葬式スタイルになりますので、葬儀に参列できない方が多くなってしまうのも現実にあります。

そういった方の為に、葬儀とは別に「お別れ会」や「偲ぶ会」などを行い、故人に別れを告げる機会を作ることもあります。

家族葬に公的な意味はない

家族葬という言葉は今ではメジャーな用語になっていますが、家族葬という言葉自体に公的な意味はありません。

所説では東京の葬儀会社が、近親者のみがゆっくりお別れでできるスタイルの葬儀を企画した際の企画名として家族葬という言葉を用いたのが始まりだと言われています。

ですので、家族葬だからと言って一般葬との明確な違いがある訳ではなく、葬儀や告別式などの手順も一般葬とさほど変わりはありません。

家族葬のメリット

  • 費用が抑えられる
  • 会葬者を選びやすい
  • 精神面で楽
  • お別れの時間をゆっくり過ごせる
  • 故人の意向を反映させやすい

費用が抑えられる

恐らく家族葬を選択する遺族の一番の理由が費用面と言えるでしょう。

家族葬=費用が安いとは決して言い切ることはできませんが、会葬者を限定することで規模を小さくすることができるので、必然的に葬儀費用を抑えることができます。

葬儀費用の相場は約200万円!東京や愛知は高くて大阪は安い」で葬儀費用の全国平均は約200万円になりますが、家族葬で行えば100万円弱で行うことも可能です。

会葬者を選びやすい

家族葬は基本的に遺族・親族のみに限られますので、「主人はこの上司のことが嫌いだったから呼ばない方がいいのか?」「この方は仲が良い友人だったのか?呼ぶ必要があるのか・・・」など迷う必要がありません。

一般葬であれば、亡くなってから葬儀の参列者を選定して連絡を入れて、葬儀に参列できるかを確認して最終的な参列者を決定するので、葬儀が終わってみなければ最終的な葬儀費用を計算することは困難ですが、家族葬であればせいぜい20~30名ぐらいに収まりますので、事前にどれぐらいの規模になるのか把握しやすいというのも家族葬のメリットと言えます。

精神面に楽

通夜や葬儀は、まさに身内が亡くなってすぐに行われるので、肉体的にも精神的にもかなり追い込まれている状況です。

そんな中、特に故人の配偶者など喪主を務める方にのしかかる重圧は相当なもので、それは参列者が多くなればなるほど高くなります。

家族葬の参列者は身内などごく近しい方に限りますので、参列者に対しての心配事や気を遣うこともあまりありませんので、精神的にまだ楽と言えます。参列者が少ないので、接待に追われる機会も少なく、故人に対して偲ぶことに集中することができます。

お別れの時間をゆっくり過ごせる

家族葬をするメリットとして費用面がクローズアップされていますが、個人的に家族葬の一番のメリットは、家族だけの空間で温かい時間を過ごすことができるという点が家族葬の一番のメリットだと思っています。

故人の意向を反映させやすい

家族葬では形式に囚われずに行うことができるので、故人や遺族の意向に沿って自由に行うことができます。

例えば、カメラが好きだった故人であれば、葬儀会場に個人が撮った写真を飾ったり、カメラを並べてみたりしてみても良いでしょう。

管理人
そういったことは一般葬でも出来なくはないですが、一般葬では参列者が多く形式に縛られないことをすることで混乱を招くことがありますのであまりお勧めはできません。

家族葬のデメリット(注意点)

  • 香典で葬式費用を賄えない
  • 故人と交流のあった方へ関係が断ち切られてしまう
  • 参列できない方への対応が必要

香典で葬式費用を賄えない

会葬者が少なくなると香典も少なくなりますので、遺族の金銭的な負担が増えます。特に香典を葬儀の足しにしようと考えている場合は注意が必要です。

ですので、「家族葬=金銭的に楽したい」という考え方は危険です。

故人と交流のあった方へ関係が断ち切られてしまう

一般葬であれば、葬儀の時に故人が勤めていた会社の同僚や上司・部下、友人など様々な関係者が参列しますので、葬儀の場から交流を持つことも出来ますが、家族葬では家族のみで行いますので、参列できなかった方達との関係が断たれてしまう可能性があります。

参列できない方への対応が必要

参列できなかった方が、後日、自宅に弔問に来られることがあります。

身内だけの葬儀が終わった後に、葬儀に参列できなかった親戚や友人などが、「お線香だけでもあげさせてください」と自宅を訪れて、その対応に疲労困憊になってしまい、後々「やっぱり一般葬にしておけばよかった・・・」と後悔される方もいます。

弔問者への対応は、一般葬の時にも言えることですが、特に家族葬では参列できない方が多いのでその傾向が強いです。

また訃報で「今回は家族葬で行います・・・」と伝えていても、当日になって参加させて欲しい!と斎場に来られるパターンもあります。

ですので、参列できなかった方の為に後日「お別れ会」や「偲ぶ会」などを実施したり、個別に手紙を送ったりなどの配慮をしておくことが必要です。

管理人
葬儀は家族だけのものではないということを認識しておかなければいけませんね。

葬儀の相談・見積もり

葬儀レビは、全国約400社の葬儀社の中から安くて安心な葬儀社を一括見積もりできます。

生前に葬儀の相談をすることも可能です。