母が互助会に入っていたので葬儀社の取り決めは楽でした【葬儀体験談】

85 ビュー

形式 費用 参列者 故人
一般葬 450万円 約50人 父親
葬儀社 斎場
一般社団法人おせわセンター 東京の町屋斎場
どうやって葬儀社を決めたのか
母が互助会に入っていたので

父が生前考えていたこと

父が亡くなる前は点々と病院を変わっていたのですが、最後は赤羽に在る病院で息を引き取りました。

亡くなる一週間位前に父からメモを渡され、葬儀について書いて在りましたが、中々父の要望には応えられませんでした。

おせわセンターに決めた理由

父が病院で亡くなり家に連れてか帰らなければらならなくなり、病院に相談した処、葬儀社に連絡をしてはどうかと言われ、そういえばと互助会に入っている事を思い出しました。

電話を掛けておせわセンターと言う葬儀社に連絡が取れました。内容は説明しなくても分かっている様で直ぐに車と2~3人の男性が来てくれました。

葬儀の費用の相談

家に戻り祭壇や花などテキパキと組み始めてその前に布団を敷きそこに寝かせて貰いました。

担当の人の自己紹介など簡単に済ませて、葬儀費用の打ち合わせをしましたが、中々高額でその日は選べませんでした。

パンフレットが3,4冊在り見ていましたが、親戚だの身内だのが口をはさんで来て、是では賓祖だとか、花が寂しいだとか、散々でした、お金を出すのは誰だか分かっているのかとも思い、ちょっとイラつきました。

次の日に葬儀社の人との打ち合わせで、何と是よはこちらの方が見栄えがして良いかも知れませんなどと言い出しました。棺桶もどうせ直ぐ燃えてしまうから一般の安い物で良いと言ったのですが、最後の旅立ちが如何のこうと、値を吊り上げて行きました。

親戚も早々矢張り是が良いとか言い出して結局は言い値でした。祭壇やお花、棺桶など葬儀一式で450万円の見積りが来ました。

多少お安く仕手おきますと言って居ましたが、最終では是より多少足が出た様です。

葬儀は一般葬で行ったのですが

東京の町屋と言う場所で葬儀をしたのですが、親戚も殆どいないし、80歳を過ぎて友達もいないし、迷ったのですが、当時は一般そうが主流でまだ家族葬など知られていない時代でした。

此の一般葬が当たり前の時代でした。葬儀と告別式とで二日掛かりました、初日にお坊さんを呼んで薬45分間お経を上げている間に焼香するのですが、思って居た以上に参列が来てくれました。

それでも50人程ですが、誰も来なかったらどう仕様かなどと考えて居たので多少はほっとした思いでした。

葬儀、告別式のお返しについて

これには大変困った事に成りました。最初の感じで30人程しか来ないと思って居たのでお返しも多めに発注して35人分しか用意していませんでした。

それが初日に50人近くの人がお焼香に来られて、妻と如何しようと相談をしていたのですが、葬儀社の人が早急に同じ物を用意してくれて、流石に凄い事だと思い、大変助かった事が在りました。

一般葬形式ともめた事

一般葬と言っても横に6~7つの祭壇が在り隣同士がとても近い事でした。勿論隣のお経ははっきりと聞こえて来るし、参列者も多い所と家見たいに少ない所が一緒なので参列者の多い場所を見ると可なり恥ずかしい思いをしました。

ここでもめた事が在るのですが、お経も終わり、焼香も終わり棺桶の蓋をして焼却をする事に成りました。焼却炉までは15~6メートルの距離だったので皆で持って行くとばかり思って居たのですが、祭壇の前に銀ギラギンの霊きゅう車が止まり、是に乗せる様に言われましたが、すぐそこに焼却炉が在るでどこか違う場所かと思って居た処、載せて10メートル程走って終わりです。

この費用が10万円近く取られたと思いますが、何の説明も無く走らせてお金を取る、其れも1万とか2万円ならまだ我慢も出来ますが、葬儀社の人に文句を言った処、葬儀場の仕様とセットに成っている様でした。

喧嘩をしてもしょうがないので、黙りましたが納得がいきませんでした。

夜の火種は消してはいけないと言われますが

最近と言うより此の時は本当のろうそく火は使いませんでした、矢張り火事に注意している様です。

葬儀が終わり祭壇の火が消えない様に交代で起きて居ようと話し合って居たのですがここでは火は使って居ないのでお休みになって下さいと言われました。ろうそくに見立てた電気の明かりでした。

しかし、最後の夜です、一晩じゅう側に居てろうそくの火を消さないと言う風習も中々人の気持ちを考えた行為だと思いました。

全て終わって、もっとこうしておけば良かったと思う事

お返しの問題も何とか乗り越えて葬儀も終わりましたが、逆にお返し物が可なり余ってしまいました。すべてが終わり家に帰って来ましたがお骨は45日まで家に置きますが、この間には身内と色々な話しをするいい機会でした。

当時に家族葬がもっと普及していれば葬儀も安く、人も自宅に呼んで焼香して貰い料理だのお酒だの用意する事も無く、終われたのでは無いかと思いますが、葬儀とは亡くなった人を送り出す儀式としてとらえれば、一般葬でも良いのかも知れませんが、高額過ぎると思います。葬式こそ安く出来ないのでしょうか。

葬儀の相談・見積もり

葬儀レビは、全国約400社の葬儀社の中から安くて安心な葬儀社を一括見積もりできます。

生前に葬儀の相談をすることも可能です。